Mellerio
Exposition « Des Grands  Moghols aux Maharadjahs, Joyaux de la Collection Al Thani »

パリのグラン・パレで開催される「Joyaux de la Collection Al Thani(アル サーニ コレクションの宝石)」展

3月29日~6月5日まで。17世紀から現在に至るインドの素晴らしい宝石や美術品の数々がグラン・パレで展示されます。300点あまりの展示品の中には、メレリオが制作し1905年にカプールタラーのマハラジャによって購入された、エナメル、ゴールド、ダイヤモンド製の見事な孔雀のエグレット・ブローチが含まれています。

パリのロマン派美術館で開催される「Le Pouvoir des Fleurs, Pierre-Joseph Redouté(花の力、ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ)」展

4月26日~10月1日まで。ロマン派美術館にて、「花の画家」として知られるピエール=ジョゼフ・ルドゥーテの作品を紹介する展覧会が、この度初めてフランスで開催されます。18世紀から19世紀に活躍したこの植物画家が、宝石を含む様々な装飾美術に与えた影響の一例として、メレリオの作品が選ばれました。エナメル、ゴールド、ダイヤモンド、真珠を使ったこの「フクシアの花」は、1830年代に作られました。

Exposition Pierre-Joseph Redoute
medusa

パリ市近代美術館で開催される「Medusa, Bijoux et Tabous(メデューサ、ジュエリー、タブー)」展

5月18日~11月5日まで。パリ市近代美術館で開催される「メデューサ」展では、1953年にメレリオが開発・特許取得したパラジウムとダイヤモンド製の人工爪が展示されます。この展覧会では、人と宝石との関係を、物理的および知的な視点から捉え、宝石を移り変わるオブジェとみなしています。

ムスクテールカップの35周年

ローランギャロス・テニストーナメント(全仏オープン)のトロフィーは、有名なムスクテールカップも含め、35年前から、そして本年もメレリオが製作してきました。

 

金銀細工師は、このレプリカ(オリジナル作品の約1/2サイズ)の製造のため、毎年、百時間あまりを費やし銀板を芸術作品へと変化させます。丹精こめた長い手作業によって作り出されるのは、努力と夢をかき立てるに相応しい褒美の品です。オリジナル作品の重量は約14kgあり、寸法は高さ21cm、幅は19cmです。35年にわたり最高のテニスチャンピオンたちが、毎年、ローランギャロスのクレーコートの上でムスクテールカップを高く掲げてきました。

 

一つの素晴らしい節目を迎えたこの神秘的な純銀製トロフィーは、ラ・ペ通りの世界最古の工房で宝飾品金銀細工師により製作されます。

Simples messieurs
monterosa

モンテローザ コレクション

メレリオは、卓越した遺産と歴史からインスピレーションを引き出し、2011年に「モンテローザ」コレクションを発表、その作品を生み出しました。コレクションの成功を受け、2016年初春、メゾンはコレクションの一層の充実を図り、新作16品と高級宝飾品1点を加えることとしました。

 

ペンダント、イヤリング、指輪によって、「モンテローザ」コレクションは、1867年からメゾンのシンボルである野バラを演出しています。宝石の純粋さと繊細さを表すダイヤモンド、あるいは、作品の女性らしさを演出するバラ色のサファイアなど、こうした新たな決め手により「モンテローザ」という花は自らを飾ります。野バラは高級宝飾品のデイアデムにも生命を吹き込みます。この一点物の作品は、形を変える宝石というメゾンのもう一つの技法を受け継いでいます。このデイアデムは、ブレスレット、ネックレス、ペンダント、イヤリングへとその姿を変えることができます。

 

古代ギリシアの時代から愛と美のシンボルだった野バラは、すべての花の母として、人生最良の日にも普段の生活でも現代女性を美しく飾ります。

「アレクサンドル・ヴォーティエ フォー メレリオ」コレクションがモンテーニュマーケットに

2015年、メレリオは、ハイジュエリー&ジュエリー新作コレクションの創作をアレクサンドル・ヴォーティエに委託しました。 この新たなチャレンジを前に、彼は次のように語ります。「ハイジュエリー コレクションのデザインから制作まですべてを手掛けるというのは、子供の頃からの夢でした。 オートクチュール ブランドとジュエリーブランド。一見かけ離れているようですが、実は芸術と呼ぶにふさわしい卓越した職人技術への情熱、独立精神、比類ない創造性といった共通の価値観で強く結ばれているのです。」

香港(Lane Crawford)、マイアミ(Oxygen)、ごく最近はロサンゼルス(Just One Eye)にて紹介されたこれらのハイジュエリー&ジュエリーコレクションは、2016年3月1日から15日まで、パリのMontaigne Market(モンテーニュマーケット)で展示されました。 この機会に、「ジュエリー」リングの新バージョンが一般公開に先立って紹介されました。

ホワイトゴールドに、エメラルド、ダイヤモンド、ブラックダイヤモンドに続き、ピンクゴールドとホワイトゴールドのみを使用した、ダイヤモンドパヴェ有りまたは無しのこの上なく壮麗なシルエットが際立つモデルです。

 

© Olivia da Costa – Please Magazine

tumblr_nvg36iE1VU1syvp5ro1_1280 2
Infinity-Heart-pendant,-18mm,-WG-diamond-paved

インフィニティ・ハート: 限りなき愛

無限の愛を表現したメレリオの新作コレクション、「インフィニティ・ハート」。 無限のシンボル、「8」の字とハートのモチーフが上品に組み合わされたこのジュエリーの形は、メレリオカット(2005年に特許を取得した貴石のためのカッティング技法)の形にも似ています。

3サイズが用意された「インフィニティ・ハート」コレクションは、まさに現代の女性にぴったり。 ダイヤモンドパヴェ有りまたは無しのスモール及びミディアムモデルは、素肌にも素敵なドレスにもこの上なくエレガントな趣を添えてくれます。 ラージモデルは、ピンクゴールドの純粋な美しさに1石のダイヤモンドがシンプルで魅力的な輝きを放ちます。

「インフィニティ・ハート」コレクションは、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールドのラインナップ。 2016年1月より、ラ・ペ通り9番地のメレリオ ブティックにてお求めいただけます。

「バロンドール」創設60周年

2016年は、バロンドール創設60周年にあたる重要な年です。 メレリオは、1956年から、ラ・ペ通り9番地のアトリエで、年間最優秀サッカー選手に贈られるFIFAバロンドール賞のトロフィーを制作しています。 このトロフィーの制作を依頼したのは、長年メレリオの顧客であった仏日刊スポーツ新聞「レキップ」とサッカー専門誌「フランス・フットボール」です。 この年、最初の受賞者は、イングランド出身のスタンリー・マシューズでした。

メレリオは、こうしたオブジェの制作に必要とされるきわめて希少価値の高いこの専門技術を今日まで守り続け、高級金銀細工品、ロッククリスタルやハードストーンを使った高級オブジェ、卓上装飾品、アカデミー会員の佩剣を手掛けるとともに、全仏オープンのトロフィーをはじめ、セーリング、乗馬、ゴルフ、サッカーなどスポーツ分野でのトロフィーを100年あまりにわたって制作しています。

1955
V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館でメレリオの作品を展示

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で2015年11月21日から2016年3月28日まで開催された「Bejewelled Treasures : The Al Thani Collection」展に、
メレリオが手掛けた逸品の一つが展示されました。1905年にカプールタラのマハラジャが購入した、孔雀の髪飾りブローチです。ゴールド、プラチナ、エナメルに1742石のダイヤモンドをセットしたこの作品は、メレリオの比類ないサヴォアフェールを象徴するものです。ティアラにもブローチにもなる機能性や、孔雀の羽の美しい色彩をリアルに再現した見事なエナメル技巧は、まさに傑作としか言いようがありません。

ラ・ペ通りブティック開店200周年

400年もの長い歴史を誇るメレリオにとって、2015年は記念すべき特別な年にあたります。ラ・ペ通りにブティックを開店して
200年になるからです。フランソワ・メレリオは、この通りに店を構えた最初の宝石商でした。その数年後、他の一流宝石商もここに軒を並べるようになり、ヴァンドーム広場の地区は、高級宝飾製造の中心地として国際的な名声を博すことになりました。ラ・ペ通りブティック開店200周年

200ans rue de la paix
Lancôme

ランコム・バイ・メレリオ

ランコムのブランド誕生80周年記念限定フレグランス、「ラヴィエベル エキス」の80本のボトルを飾るジュエリーの制作に、メレリオが選ばれました。

こうして、自由の翼にインスピレーションを汲んだデザインが誕生しました。ピンクゴールドプレートを施したシルバーのジュエリーが、オーガンジーのリボンのように、ボトルネックに結ばれています。一部の翼のデザインは、透かし彫り、ランコムのアーカイブで見つかったモチーフをもとにした彫金、あるいは鏡面仕上げが施されています。これらは、宝飾品製造において貴金属の細工に使用される伝統的な3大技巧です。限定販売のため、フランスでもごく限られた数量のみ、パリ・プランタン・オスマン本店にてお求めいただけます(販売価格950EUR)。

LANE CRAWFORD(香港)でメレリオ展

厳選されたブランドやデザイナーの商品が揃う香港の名門百貨店、Lane Crawfordにて、2015年9月中、メレリオの特別展が催されました。 Lane Crawfordが、超近代的なインテリアとハイセンスな特別サービスでお客様を迎えるジュエリーコーナーの新設を祝うパートナーとして選んだのは、フランス屈指の宝飾技術の伝統を誰よりも見事に体現するだけでなく、比類ない革新力や創造性を秘めるメレリオです。

近々、Lane Crawfordにメレリオの販売コーナーが新たに2つ設けられる予定です。

Lane Crawford
Alexandre Vauthier

アレクサンドル・ヴォーティエのデザインによるコレクション

メレリオは、常にファッション界と密接なつながりを育んできました。 1950年代にみられた、クリストバル・バレンシアガ、マルセル・ロシャス、クリスチャン・ディオール、ピエール・バルマンといった一流デザイナーとのコラボレーションがその例です。 メレリオでは、クチュール界でも最も才能あるデザイナーの一人に数えられるアレクサンドル・ヴォーティエとのコラボレーションを提案することで、引き続きファッションの世界との絆を深めていきます。
大胆なカットと素材の使いこなしで名を馳せる彼が選んだ新たなチャレンジ、それは、
彼独自のハイレベルな基準と専門技術を、どのようにハイジュエリーの創作に生かすことができるか。 こうして、アレクサンドル・ヴォーティエとメレリオのコラボレーションが生まれました。